人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

韓国旅行

日本に一時帰国していたとき、ユンミ(このブログでも紹介しました)に会いに、韓国に行ってきました。
彼女は昨年の9月にビザが切れ韓国に帰ってしまっていたので、私が日本一時帰国中に、日本か韓国で会う約束をしていました。日本からだと1月はオフシーズン。往復1万5千円(燃油サーチャージ・空港税込み)で行けるということが分かり、今回は私が韓国に行くことに001.gif

ユンミはソウルから30分ほど離れたスウォンに家族と住んでおり、しばしの間ユンミ家にホームステイ060.gif
韓国語を勉強していったおかげで、ユンミのご両親や離れて住む5人の姉弟(!)からはとてもかわいがってもらいました。

驚いたのは、韓国のおうちがとても広いこと。本当に大きくて、部屋は5部屋は当たり前、トイレやお風呂も2カ所はあるそうです。キムチを作るために屋内のベランダも大きくスペースがとってあって、そこにはもちろんキムチ専用の冷蔵庫も2つほど置いてあったのでした・・・。
d0072892_7403263.jpg

ユンミがお金持ちの子なのかと思ったけれど、彼女は、韓国では本当に普通のおうちだよと言っていたので、カルチャーショックでした。

初日はナクチポックン(手長ダコの辛いため)を食べ、夜中2時までカラオケ060.gif
d0072892_7523254.jpg


スウォンはカルビ発祥の地ということで、次の日のランチはカルビを食べに行きました。
副菜の小皿の数、15皿。お肉もジューシーでやわらかく、いままで食べた中で一番の味!
d0072892_101039100.jpg

スウォンは世界遺産にもなっている古都なので、お城の跡や市場を見ながらお散歩するのはとても楽しかったです。
d0072892_80240.jpg

d0072892_805018.jpg

市場のレストランで、これまた有名なスウォンのスンデをいただきました。
d0072892_7561898.jpg

グロテスクな見た目でスンデは苦手だったのですが、お鍋にして食べるとモチモチしておいしくて、たくさん食べてしまいました。ユンミは私の食欲に爆笑してましたが確かにやりすぎてたねー。

そうそう、行ってみたかったカロスキルにも行きました!おしゃれな若者が集うという場所。
ユンミとファッションショーして遊びました。
ちなみに、このスタイル(オーバーサイズかつざっくり編んだカラフルニットにスカート付きレギンス【チレンスというらしい】)がめちゃめちゃ流行ってて、8割の女性がこの格好をしていたと言っても過言ではない。私も一セット購入♪韓国の洋服にメイク、女友達と腕を組んで歩いて、身も心も韓国人になりきっていた私(笑)
d0072892_845438.jpg


チメク(ビールと、チキン)で乾杯!
d0072892_102285.jpg


話すことがありすぎて、私たちの夜は長かった・・・。連日夜中3時就寝。
そして2人とものんびりしてるので、朝もゆっくりコーヒー飲んだり、ダラダラ朝寝したりして、行動は昼3時開始という日々でした042.gif
あまりにもダラダラしすぎて、帰国日はうっかり乗るはずのバスを2本も逃し、飛行機に間に合わないんじゃないかとあせった〜042.gif

空港では別れを惜しむ気持ちで2人とも泣いてしまい、涙も乾かぬまま韓国をあとにしました。
まさにウルルン滞在記な旅でした。

またいつか会えますように。
d0072892_10111985.jpg

by pekofusa | 2013-05-24 10:18 | 旅行

この5ヶ月

年末から3月頭まで日本に長期一時帰国していました。
これからグリーンカード(アメリカ永住権ビザ)を取得するプロセスに入るので、日本には帰りづらくなります(噂によると、2年くらいはアメリカから出られないらしい・・・)。
その前に、昔からのお友達、家族にちゃんと会っておきたくて、約3ヶ月、実家に滞在しました。
友達には毎日会いました003.gif
同窓会もいっぱいあったし、皆の仕事後に飲みに行ったり、子どもいる友達のうちにはランチしに行ったり。
うーん、しょっちゅう酔っぱらってたなぁ〜(笑)。
以前ブログに書いた韓国人の友達ユンミに会いに、韓国へ行ったりもしました!
実家の引っ越しも手伝いました。←いちお、これを手伝うということを長期滞在の表向きの理由にしていた。
本当に盛りだくさんな3ヶ月・・・。それこそ、2年分は遊び倒してきたと言える、うん。

なんか、この滞在で、やっと本当の意味で、私はアメリカでこれから何年も生きて行くんだ、と決意できた、ような気がする・・・。
それは、たくさん同窓会を開いてもらって、ひさしぶりの友達には「いまアメリカに住んでいる、そして、グリーンカードを取得してあっちで大学院に行って仕事をして、そのうち子どももほしい」と説明しなければならず、でもそれを話すことで、「あー、私、そういう状況に身を置いてんだな・・・」と考えられたというか。
海外移住したという実感って、それまで実はあんまりなかったかも。
アメリカにきて1年、暮らしてみて気に入らなかったら私は日本に戻ればいいや、くらいの気持ちで、どこか旅行者気分でいたんですねぇ・・・。

アメリカに戻ってきたら、すごくフレッシュな感覚になっていて、
なんだか「ヨシ!私は当分ここで修行!」という気持ち(しかも前向き)に満たされました。

というわけで、帰ってよかったな〜♪と思っています。ま、そりゃ当たり前なんだけど。

あさってからESLの学校も始まるので、まずは8月末までにTOEFLの点をアップさせたいと思います066.gif
d0072892_753679.jpg

by pekofusa | 2013-05-09 07:04 | 挨拶