人気ブログランキング |

カテゴリ:学校( 1 )

語学学校

はろ♪
現在は、Westchester Community CollegeのESL(English as a Second Language,第二外国語としての英語)に週5で通っています072.gif072.gif
ここらへんでは結構大きいコミュニティカレッジで、ESLのクラスも充実しているし、生涯学習や趣味のクラスも多くあります。
私が取ったクラスは、月〜金の朝9時から12時までのインテンシブクラス。月、水、金はグラマーやライティング、火、木はリスニングとスピーキングを主に勉強していまっす066.gif
レベルは1から7までで、レベル5から上であれば、さらにアドバンスなビジネス英語クラスとか、TOEFL対策クラスを履修できるようになり、また、このコミカレの正規の授業を履修することができます。
私は、文法とリスニングがともにレベル6。
このレベルでは、80%が南米出身(コロンビア、ペルー、メキシコなどなど)の人々で、休み時間になると、スペイン語で溢れかえっている〜027.gif
皆通っている理由はさまざまで、カテゴライズすると
1)これからコミカレに通いたい子たち
2)既に仕事をしていて、シフトの関係で、午前中通っている人たち
3)子どもに手がかからなくなったので、勉強したい主婦たち
という感じ。だいたい、1)は20歳前後(19歳率が高い)で、2)と3)は40歳代が多いかな。
私のような仕事もなければ子どももいない、30歳の女は、見渡す限りいないっぽい。。。どころか、30代もあんまりいないっぽいので、これを隙間の世代と呼ぼう(笑)。
マンハッタンの語学学校とかは、また違うと思うんだけど、ここは郊外の大学なので、留学生よりは移民(またはその子ども)が圧倒的に多い!なもんで、移民に多い南米系の、スペイン語を話す人率が高いんだと思うんだけどね。

アメリカ生活の長期化が決定的となった今、できれば近い将来大学院に通いたいので、TOEFLの勉強を中心に英語頑張らなきゃ・・・という感じ。
ちょっとまじめに勉強しようかと思ってます。

いい先生に恵まれたので、いまのところ満足!
あと、スピーチのサークルがあったり、ネイティブのConversation partnerをつけてくれたりするので、割と学校側が、手厚く英語力アップに力を貸してくれる。
値段も、ゾエモンがNY州に税金を払っている関係で、地元民料金で通えるのでラッキー。

しかし南米コミュニティ色が強すぎて、クラスメートとはどう仲良くなったらいいのか・・・お茶したり、ご飯食べたりするような友達がまだ出来てないので、そういう友達が作れたらいいな〜♪
d0072892_12282924.jpg

by pekofusa | 2012-02-03 13:09 | 学校