ALOHA! HAWAII part4

あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願いします053.gif

年賀状まだ出してません、すみません008.gif
昨年のクリスマス前から年末年始にかけて2週間、ゾエモンの住むN.Y.へ行ってきました。
長期休暇を取れる職場環境に感謝です。
とっても楽しくて、のんびりした幸せな日々を送っていました・・・。
そして今日社会復帰しました。

2011年今年の目標は“クリエイティブな生活を送る”にしたいと思います011.gif

よしっ
去年の一番の思い出「ホノルルセンチュリーライド」について書かなくては!

ということで
さてさて、ホノルルセンチュリーライド本番の日。
朝4時起床。
なんかソワソワして眠りも浅いもんだから、結構パッチリ目が覚める(笑)。
自転車の最終チェックして、ウェアに着替えて、食べ物や飲み物を準備して・・・
やることいっぱいであせります025.gif
自転車の長時間ライドを経験して知ったのは、お腹が減ると全然こげなくなるということ。
2時間くらい走ると、すごくエネルギーを消費するみたいで、ものっすごくお腹が減るのです。
するとスピードも落ちるし、全然坂が登れなくなる・・・
長時間ライドのときに準備に気をつかうのは何気に飲食物だったりします(笑)。
自転車のウェアの後ろポケットやサドルバッグ(サドルの後ろに付けている小さなポーチ)にカロリー高そうな食べ物を押し込みます。
日焼け止めも塗って、さてさて準備は整った!

d0072892_0141817.jpg外に出ると、ライダーの人たちがスタートポイントの公園に向かって走っています。
私たちも出発!!!

スタートポイントに着くと、そこは大勢のライダーたち!
まだ朝日もあがっていません。
こんなに多くの人が参加するんだなぁとびっくり。
ちなみにこのイベントでは当日のコンディションにあわせて走る距離(32キロ・40キロ・80キロ・120キロ・160キロ)を選ぶことができます。
およそ20キロごとにエイドステーションがあり、そこでトイレを利用したり飲み物を補給したり、食べ物をもらったりすることができます。そしてコースは周回型ではなく、行きと帰りは同じ道を走ることになります。
d0072892_0331951.jpg
レースではないのでマイペースで走って良いのですが、80キロ以上の距離に進む人は、コース上にある5つのポイントごとに時間が決められていて、その時間までにポイントを通過できないと、先へは行けず折り返さなければいけません。
ちなみに、160キロに挑戦する私たちは、朝6時15分にスタートしたら、午前10時30分までに60キロ地点を通過していないといけないのです。時速計算だと毎時15キロだからなんとかなる??
休憩もしないといけないし・・・など考えると不安でモヤモヤ。。。
そうこうしてるうちに朝日があがった!
さて、いざ、スタート!

(そしてごめんなさい、皆さま。
この日はカメラ係を美奈子にお願いしておりまして、
私全然画像持ってないの(笑)。
この前送ってもらったようなのだけどうまく受け取れなかったので、
まだ画像がなくって。手に入れたら後でこのブログに追加しますね!)

ホノルルの高級住宅街をまずは通過!
豪邸すごいなぁぁ〜〜

高速道路を突っ走る!
私たちが目指すペースで走る若い夫婦を発見。
このひとたちに付いて行けば完走できるんじゃない!?
っとくっついて走る。

が、どこかではぐれる・・・

第一関門の「ハートブレイクヒル」に差し掛かる!
ごめん、美奈子、私とっても坂苦手・・・
先に行っておくれ、そして頂上で待ってておくれ・・・

なんとか足もつかずに登りきる012.gif

20キロ地点!エイドステーションにて鶴見辰吾を発見〜
でもそれどころではないので、オレンジ食べて、トイレ行って、さてさて次の40キロへ向かって出発

ゆるく長い坂を登ると、そこはマカプウビーチパークが。
超絶景!きれ〜〜〜072.gif
JALパックの方に写真を撮ってもらいます016.gif

真っ青な海を横目に坂をびゅんびゅん下る。
下りはスピード出せるから気持ちイイ!速度50キロに。
今転倒したら死ぬな・・・

ハワイらしい風景を通りすぎる。
ディズニーランドの「魅惑のチキルーム」のような風景!
どこからか鳥の声が。
花の甘い香りもしてきます。

イェーイ、絶好調!気持ちいい、最高!!

あっという間に40キロ地点に。なんだか全然疲れてない。
じゃあ、エイドステーションに寄らず、次行っちゃおう!

これが、間違いのもとでした・・・
なんと私たち、このあと道を間違えてしまうのです008.gif
本当はエイドステーションを通らないと次の道へ行けないというのに、
無視して先へ行こうとした結果、なんと復路にはいってしまったのです。
坂を越え、だいぶ進んだところで、「あれ?なんだかおかしくない・・・?」と。
そうです、すっかり間違えていました。
やばい、やばいーー!!
これは、時間的にかなりやばいーーーー!!

でも
「絶対間に合わそ!!!絶対160キロ目指そ!!!」

なんだか突如体育会系に047.gif

その後はもう無我夢中。
40キロのエイドステーションに辿り着いたときには
JALパックのサポート隊さんに
「どうしても160キロ行きたいんです!」と訴え
とりあえずペースメーカーを依頼。
そうです、大会中はJALパックの専任サポート隊が伴走してくれるのです。
10時30分までに60キロ地点に行かなきゃいけないので
連れてってもらうことに。
「かなり急ぐよ〜」っと本当に急がれ、
どんどん遠のいて行くJALパックと美奈子・・・。
全然付いて行けない私。
ごめん、普段のトレーニングさぼってる私がいけなかったよ・・・。
でも頑張る、頑張る〜〜〜〜007.gif

そしてこの間20キロはほぼ記憶がないと言っていい・・・。

でも!!どうやら記憶がないなりに頑張って漕いでたらしく、10時25分に60キロ地点に到達〜
でもたったの5分しか休憩がナイ!
この間に無理矢理水分補給とクッキーを胃に詰め込む。

ちなににここのゲートが100マイル(160キロ)を目指す人の往路の最後の関門でした。

ゲートがクローズされると同時に、100マイル(160キロ)折り返し地点を目指して、しゅっぱ〜つ!
はぁぁ、まじで間に合ってよかった・・・・まじで頑張ってよかった・・・・
すでにちょっと泣きそう、ウルウル・・・
ってか、ここを出発したってことは、このまま頑張り続ければ、100マイル行けるってことだよね!?
急に目の前がふーっと明るくなり、希望の明かりが灯ったような。
この40キロくらいまともに景色も見られなかったので、ここでやっと海のきれいさなどを楽しめるように。
d0072892_1223712.jpg

わ〜 きれい・・・
やっと余裕が出たのでちょっと美奈子の背中を撮ってみる。
d0072892_1233975.jpg

このあとは私が急に「おなかへった・・・」と元気なくしてきたので
見かねた美奈子が自分のウイダーインゼリー(貴重!!)を与えてくれる。
おいしい、おいしいよ 美奈子・・・ありがとう美奈子・・・

そしてそして、100マイル折り返し地点とうちゃーく003.gif
イエイイエーイ!!!
スワンジー・ビーチ・パークでしばし休憩です。
向かいにはセブンイレブンがあるので、そこで豚まんとアイスを買って(笑)、お腹を満たします。
そしたら、なんと、自転車業界ではかの有名な絹代さんを発見。
一緒に写真を撮ってもらう012.gif
細くて超かわいい〜
なんだか親しみやすい人ですっかりファンに。
でもゆっくりしてはいられない。なぜならやはりまだ時間ギリギリだから(笑)。
このポイントは12時15分には閉まってしまうので、これまたギリギリの時間にバタバタとしゅっぱ〜つ!

さて、残るは50マイル=80キロ!
ゴールのカピオラニ公園に17時までに着かないと!!
またグッと気が引き締まります。
来た道をとにかく帰るだけなので、行きに必死すぎて(笑)見られなかったジャングルや海の景色を眺めながら、ペダルを漕ぎまくります。
ハワイの大自然をこんなに感じることができるなんて、自転車ってすごいなぁ〜と感心しながら。
意外とわたしたち元気だね〜!明日ここらへんボディボードしに来ちゃう!?今日このあとマッサージ行けるかな?ってかさっきの絹代さん細くて顔小さかったね〜 などとお喋りしながら時は過ぎます。
そんで、私が上り坂が苦手ですごく遅いんだけど、いつも美奈子は待ってくれていました。
大変なときには美奈子が私の風よけになって、リードしてくれていました040.gif
帰り道は、長かったような短かったような。
「やっぱ時間やばくない?これ、マジで急いだ方がいいっぽい034.gif」とあせりながら、まだまだだね、がんばろ〜〜!と励まし合いながら・・・・
最後のエイドステーションがなかなか見えてこず、全然気が抜けなかったけど、最初の頃走った高速と住宅街が見えて来た頃には「あぁ、もう終わってしまうのか・・・」と寂しい気持ちに。
大変だったのに、なんだかまだまだ走れるし、疲れてないし、もっともっと走っていたいような気分になりました。
公園が見えて来た頃には、とても感慨深くて、ちょっとジーンと来てしまいました。
そして、最後は二人で手をつないでゴール!フィニッシュ!!
やった!!100マイル!!!070.gif003.gif071.gif

d0072892_213629.jpgゴールして嬉しいのと、ホッとしたのと、終わってしまって寂しいのと、支えてくれた美奈子への感謝で胸がいっぱいになって、エンエン泣いてしまいました。

終わってみたら、16時20分に到着しているので、結構余裕(?)で到着できたのでした。
まともな休憩も取らず、頑張ったもんね。
d0072892_2134337.jpg

自転車くんも頑張った!ありがとう。
完走証には、100マイルのスタンプが。
d0072892_2145767.jpg

100マイルも走れるなんて信じられなくて、すごく嬉しかったです。
達成感で泣いたのなんて、もしかして人生で初めてかもしれない。
支えてくれた大親友にも感謝。本当にありがとうね。

完走後はテントでカレーやアイスをサービスされたり、
夜はアフターパーティーがあって、ビュッフェ形式のご飯とお酒などの飲み物をいただきました。
そして、ゲームとかもあったんだけど、私はなんとサイクル用Tシャツが当たっちゃいました。
d0072892_2194050.jpg


とても楽しい1日でした。
この日の景色は
きっと一生忘れないと思います058.gif
[PR]
by pekofusa | 2011-01-08 02:28 | 旅行
<< N.Y. ファッションとアート 韓流 >>